CUT

西洋人のような立体的な骨格をつくり、
より似合わせ小顔をつくる世界初の特許取得技術


 

骨格がきれいな西洋人は、自分でカットしても格好良く見えます。なぜなら、骨格矯正の必要がないからです。 骨格がきれいに見えると、どのようなデザインも素敵に見えます。
しかし、日本人の平面的な骨格の場合、ただカットするだけでヘアスタイルが似合うかと言えば、少し疑問が残ります。 西洋人のようなヘアスタイルを日本人に似合わせるためには、なによりも骨格矯正カットが大切なのです。

STEP BONE CUT(小顔補正立体カット)は、ブロックごとにフォルムを作り上げていくカット技法です。 レザーも削ぎも入れず、軽い質感に仕上がります。 平面的な骨格を立体的な小顔に見せ、鼻を高く引き締まった顔立ちにし、日本人に多い絶壁と言われる平面的な後頭部に出っ張りを持たせ、耳の後ろからうなじにかけてタイトに引き締めます。 骨格をきれいに見せることで、顔が小さく、首が長く見え、全体のバランスが良くなります。 また、削がずに髪が軽くなるので、髪が傷まずにバサバサしないキレイな質感に仕上がるとともに、髪が自由に揺れ動くのが特徴です。

image
image
image